フォト

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 天体観測
  • 天文同好会
  • 学問・資格
  • 学習塾
  • 文化・芸術
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 星空・宇宙
  • 星空宅配便
  • 映画・テレビ
  • 趣味
無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

ケアマネージャー

昨年、私の父親がやっと、介護保険の世話になることを承諾ができ、利用するようになりました。74歳で身体障害者ので、十分に適応になるのですが、どうしても本人が承諾せずに困っていました。私が働きながら世話をするのも限界があることから、昨年、少し仕事の負担を減らし、強引に介護保険の手続きを進めました。とにかく、手続きに時間がかかりましたが、実際に介護保険を使って、介護ベットや介護トイレ、風呂の椅子、車椅子のレンタルをして、この制度のありがたみをわかってきたところです。ところが、町内の介護支援センターが突然閉鎖の連絡を受け、困っています。高齢者社会に入り、ますます必要性を感じる施設なのに、どうして閉鎖になるのでしょうか? かねてから福祉の遅れを感じる地域を象徴する出来事です。今、公害の改ざんが問題になっています。近々、市長選や市議会選挙がありますが、こんな現状にメスを入れる選挙であってほしいものです。いらない道路、商業タウンよりも、大事なものが欠落しているのが現状の問題を引き起こしているように思います。

2006年6月29日 (木)

星空宅配便の雨プロ

この6月は自然学校から星空宅配便の依頼が続きます。今月は5件の依頼があり、無事に終わりました。でも、ほとんど悪天候で、星を見ずに雨プロがほとんどです。室内で、小学生相手に、2時間をもたす内容を紹介しましょう。

1.星座びんご  オリジナルゲームで、ゲームを通じて、今夜見える星座を紹介

2.星座あて   いろんな星座があることを紹介

3.プラネタリウム  DVDを使って、星座の物語を紹介

4.星座結び   紙の上で星座を結ぶ練習をします(自然学校用プロ)

5.星占い   星占いが、星座の伝説に大きく関係していることを紹介

6.天体望遠鏡  室内でも天体が見える天体望遠鏡

 天体写真や光る星のプレゼントもあり、盛り上がり度は高い。この体験が、実際の星空を見たときに、以前よりも増して興味を持てれば、成功だと思います。この後の反応がわからないのが気になっています。今回は星座結びを担当しましたが、今の小学生は北斗七星を結ぶのも苦労しています。星を見る機会が少ないことがここからも感じ取られます。

2006年6月28日 (水)

それぞれの星

今日、「命のハードル」を読んでいたときに、「2等星、3等星だって、暗いなりに輝いている」というフレーズに目がとまりました。ドラマ「1リットルの涙」の主人公の日記の中にかかれていたものですが、まさにそうですね。機会があれば、星空宅配便の中で、参加者の方に語りたいものです。4等星や5等星、街の中では見えにくい星ですが、天体望遠鏡では、その輝きをとらえることができます。それを人の輝きにたとえると、天体望遠鏡は、人の心を敏感にとらえるスコープだと思います。

2006年6月26日 (月)

健康診断

今日の午後に健康診断があった。学校の職員の場合、学校の体育館で行われる。保険センターから検査器材を持ち込んで行われる。このときは、何かと苦労が多い、一番嫌なのは、バスの中で行われるバリウムである。あの狭い中で、ゲップをこらえて、動き回るのは苦痛である。また、眼底撮影であるが、私の左目は過去に手術を受けているので、目の開きが悪いので、撮影不可のケースが多い。特に体育館で行うときはダメです。今回も不可でした。今回、新たにVDTという新たな検査項目が加わりました。今使っているようなパソコンの画面などによる目の障害を調べているようです。私は過去に網膜剥離で3回手術を受けましたが、この原因がわからないままでした。個人的にはパソコンの仕事が関係あるように思っています。今、ようやく認知されてきたのだろうか。

生命保険

今月に私のかけている生命保険の掛け金がステップアップする。月1万円はたまったものでない。そんなことから見直しを検討しています。いくつか資料は用意していますが、根本的な知識がないので、何がよいのかわからない。ただ、いまだ独身男には、残すべき人がいないことは、ハッキリしています。寂しい!

KSS夏の予定

 7/1(土)  「30周年記念誌」発行祝賀会、特別企画

 7/8(土)   星空宅配便  朝日中学校

 7/15(土)  ケンタウルス発行

 7/22(土)  星空宅配便  志方東小学校
 7/28(金)  星空宅配便  三木ホースランド
                 菅野小学校
 7/29(土)  星空宅配便  水辺の里公園
 8/5 (土)  星空宅配便  大阪茨木
 8/12(土)  例会休み   KSSツワー(玉造温泉)
 8/19(土)  星空宅配便  高砂中央公民館
 8/20(日)  星空宅配便  西舞子
 8/25(金)  星空宅配便  播磨西小 学童保育
 8/26(土)  星空宅配便  母里子供会

2006年6月25日 (日)

スポーツ報道の疑問

ワールドサッカーの報道に激怒しています。確かに日本は負けましたが、日本の実力は、これからのワールドサッカーの成り行きで決まると思います。それを待たずに、監督交代や選手の批判を全面に出すスポーツ新聞のあり方に幻滅しました。

KSS夏の予定

7/1(土) 30周年記念誌発行祝賀会、特別企画募集開始

7/8(土) 星空宅配便 朝日中学校

7/15(土) 「ケンタウルス」発行

7/22(土)星空宅配便 志方東小学校

7/28(金)星空宅配便 三木ホースランド & 菅野小学校

8/5(土) 星空宅配便 茨木市青少年センター

8/12(土) 例会休み  一部温泉ツワー

8/19(土) 星空宅配便 高砂中央公文館

8/20(日) 星空宅配便 西舞子 ボーイスカウト

8/25(金) 星空宅配便 播磨西小学校 学童保育

8/26(土) 星空宅配便 母里子供会

夏の依頼は例年並みに入っていますが、大口が減っています。10月の特別企画のアピールが心配です。

2006年6月24日 (土)

アクセス件数

今まで個人のホームページでアクセス件数が増えないことを寂しく思っていました。そこから。ブログも開設したところ、アクセス件数が日に日に増し、今、1000件を超え、1日平均10件を超えました。もう私個人のホームページを超えていますが、ブログともどもよろしくお願いします。

2006年6月23日 (金)

ブラジル戦直前

いよいよブラジル戦です。非常に厳しい条件ですが、ここまで楽しみを作ってくれている日本代表を応援したいものです。何時に寝るか、試合経過で決まります。

インチキ天体望遠鏡

今、自然学校の星空宅配便が続いています。でも、このシーズンは雨が多いので、星の魅力を子供達にじかに伝えることはできません。それでも、何とか星に興味を持ってもらうように、星座ビンゴ、星座あて、星座結び、プラネタリウムなど、室内プログラムを工夫しています。極めつけは、どんな天気でも、天体の見える天体望遠鏡です。さて、自然学校の子供達はどんな感想文を書くのでしょうね?

2006年6月22日 (木)

梅雨の星空

梅雨の晴れ間で星空を期待していても、星はぼんやり見えるだけです。1カ月間星をまともに見ていないうちに、星空の主役は春から夏に移行するものです。

2006年6月21日 (水)

梅雨期の星空宅配便

自然学校からの星空宅配便の依頼が6月に集中します。今年は5件の依頼がありますが、毎年この時期の対応には苦労します。とにかく天気が悪い日が多いのでほとんどが雨プロです。普段の宅配なら、参加者数が減ったり、時間的な融通が利きます。しかし、学校行事となるとそうも行きません。我々としては平日の対応は仕事のやりくりに困りますが、受けた以上、子供の期待以上の内容にしたいところです。今週は21日と22日に依頼が入っています。天気は悪いようですが、それでも十分楽しめ、星の魅力を伝え、星ドラに目が向くように努力したいものです。

2006年6月20日 (火)

プロ野球の監督

交流戦ももうすぐ終わりです。監督の力量がはっきり出たように思います。データ野球が左右する中で、交流戦はまだガチンコ勝負的な要素があると思います。そのため、監督の力量が大事だと思います。ロッテやヤクルトは選手をうまく載せていて、選手の特性が活かされています。反面、オリックスや巨人は、選手はそろっていても志気があがりません。オリックスファンの一人として、監督の交代を切望します。もっとひどいのが巨人です。あれだけ、選手がそろっていても低迷しています。選手の故障が多いせいにしていますが、その故障が多い原因も監督にあることを自覚して欲しいものです。私はこの監督が現役のときから嫌いで、長く続けてきた巨人ファンをやめました。今もやめてよかったと思っています。

2006年6月19日 (月)

ワールドサッカー

面白いですね。日本は非常に厳しい状況ですが、サッカーの魅力は十分に味わったと思います。作業をしながら、ワールドサッカーを見ようと思っても、手が止まったままです。プロ野球だと、手が長い間止まることは、まずありません。特にオリックスファンは辛い。

2006年6月17日 (土)

土星&木星

6月は毎年、自然学校から星空宅配便の依頼が多くありますが、梅雨で雨が多く、晴れても天体望遠鏡を見て迫力のある天体が少ない時期なので、子供達に星空の魅力を伝えられない気がしてなりません。しかし、今年は土星と木星が見えるので、晴れれば、十分楽しむことができます。今日の宅配jでは雲間をねらって土星と木星を見ることができました。土星を見て、「わーー」「すごい」という声もあれば「小さー」「環かな?」という声もあります。困るのは、無言です。こちらから「見えてるか?」という声をかけても、無言。何となく気が重くなります。リアクションは大切だと思います。

2006年6月15日 (木)

自然学校

今月は自然学校関係の星空宅配便が5件依頼が入っています。さっそく今日も依頼が入っていますが、この時期は梅雨で雨が多く、室内プログラムがほとんどになります。ビデオやDVDなど、雨ようのプログラムがありますが、これだと普段の日でも学校でできます。星空宅配便では、星座早見盤、プラネタリウムを利用し、星座や星が自分でわかるようにします。また。天気が悪くても天体望遠鏡を組みたて。天体望遠鏡の魅力を伝え、「見たい」という気持ちを持たすようにします。でも、この平日の依頼は仕事のやりくりに困っています。明日の資料作成で、今日も睡眠時間3時間になりそうです。

2006年6月14日 (水)

星空宅配便15周年

今日、KSSのホームページを見て、子供の頃に体験した星空宅配便を思い出し、今勤めている施設に来て欲しいという依頼がありました。他府県でありますが、喜んで承諾しています。星空宅配便の歴史を感じました。

2006年6月12日 (月)

頑張れ日本

今夜はやっぱりワールドサッカーでしょう。家で見ることに安心しました。というのは、残業の心配をしていました。職場でサッカーの応援をしたくないものです。その残業を決めるのが、教育実習生達です。授業を任すにあたり、指導がこんなにも大変だとは思いませんでした。自習期間中、私の生活時間を奪われていますが、教師の卵として育って欲しいものです。教師の時間外労働の多さを目の当たりにして、教師が嫌になるかな、、、? まあ、今日はサッカーを自宅で応援できることはありがたい。しかし、明日の授業は心配です。

2006年6月11日 (日)

かつて伝統の球団

今年の3月にWBCで野球の注目度がアップしました。しかし、サッカーのワールドカップが始まると、やはりサッカーの注目度に野球が追いやられています。攻めての救いは、放送時間が深夜であることです。そんなときに、やってくれました。ランナーのベースの踏み忘れで、ホームランがチャラになるエピソードです。それが巨人です。伝統の巨人の崩壊を象徴するようなエピソードです。情けない! かつて巨人ファンでしたが、長嶋、王がいなくなり、今の監督が4番のときに、あまりにもふがいないので、巨人ファンからオリックスファンになりました。阪神大震災後、ガンバロー神戸スプリットで、優勝したときは感激しました。オリックスファンになってよかったと思いました。今年の最初の期待が高かっただけに、今のオリックスの戦いぶりにはストレスを感じますが、ベースを踏み忘れるような、大エピソードをしないで欲しい。そういえば、創立30周年を迎えるある天文同好会が、観望会で天体望遠鏡の三脚を忘れたようです。

KSS創立30周年祝賀会

今日はKSSの結成30周年祝賀会を開きました。内輪9人の集まる小規模でしたが、30年間続けてきた原動力が集結しました。30年間を振り返ると、いろんな思い出話がありました。これまでで一番少ない会員数であることは事実です。その中、今まで以上の「30周年誌」を作成しようとしています。これを機会に、会員が増えることを切望しています。

2006年6月 9日 (金)

アテンションプリーズ

今やっているドラマで、よく見ています。スッチーの魅力もありますが、今は、指導教官の指導ぶりに注目しています。現在、教育実習生の指導を担当をしていますが、どことなく甘い点が、実習生のためにならないような感じがしています。昔の同じタイトルのドラマの方が、飛行機の魅力を出していたように思います。私も教師の魅力を感じて欲しいと思うのですが、、、、。

2006年6月 6日 (火)

KSS創立30周年

加古川宇宙科学同好会は、今日をもって結成30周年を迎えました。現在、本部会員10名、通信会員10名足らずの天文同好会ですが、いろんな方々の支援に支えながらも、会員の努力の結晶が30年に達しました。今、「30周年誌」に今までの歩みをまとめているところです。

2006年6月 5日 (月)

蛍の撮影

昨夜の星空宅配便はKSS30周年企画「蛍と星」でした。蛍を見ようとする人がこんなにも多いのには驚きました。その中、地元の方の協力を得て、天体観望会を実施でき、足を運んできた方は、蛍と星の魅力と、両方の魅力に酔いしれたと思います。私も観望会の途中、久しぶりに見る蛍の輝きに心が癒される思いがしました。デジカメで撮影を試みましたが、ストロボが光ると、ただの虫でした。天体写真と同じぐらい、蛍の光をとらえるのは難しそうです。

2006年6月 3日 (土)

集まれ! 蛍と星

今日、6月3日、兵庫県フロイデン八千代にて、「星と蛍」企画を実施します。気候、天気とも好条件なので、蛍の舞が楽しめる見込みです。さらに、KSS同好会が持ち込む天体望遠鏡で月、木星、土星も見ることができるでしょう。

オーメンの日

加古川宇宙科学同好会は、30年前の6月6日に結成しました。結成後、「オーメン」の映画が上映され、「6月6日はオーメンの日」という悪い印象を与えました。今年、30周年記念を迎えるときに、またもやあの映画が復活した。今、盛んに映画案内CFを見るたびに、嫌な印象を受けます。「オーメンの日、未来はない」というフレーズ、気に入りません!

2006年6月 2日 (金)

蛍と星 企画

加古川宇宙科学同好会では、30周年記念イベントとして、八千代町で「蛍と星」企画として「星空宅配便」を実施します。天気も大丈夫で、蛍もみれそうです。このイベントはフロイデン農場近辺の方の協力で実現にこぎつけています。この企画が成功し、KSSの新たな道が切り開かれることを期待しています。詳細は同好会のホームページをご覧下さい。「星空宅配便」で検索できます。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »