フォト

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 天体観測
  • 天文同好会
  • 学問・資格
  • 学習塾
  • 文化・芸術
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 星空・宇宙
  • 星空宅配便
  • 映画・テレビ
  • 趣味
無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月28日 (土)

星空にはばたく心

いよいよ私どもの同好会の年間最大行事である星空企画です。西はりま天文台で一泊します。天気の心配もありますが、晴れれば天の川が一晩中見える星空を見ることができます。今回のテーマは「星空にはばたく心」です。このテーマ通り、参加者の気持ちが生まれたり、高まれば、この企画は成功だと思います。星を通じて人が集まり、天文台で一泊する企画を主催者も楽しみにしています。

2006年10月27日 (金)

卓球のコーチ

私は中学校の卓球部の顧問をしていますが、今は以前のように貼り付きで指導したり、生徒と打ち合うことはしていません。理由は、家事をするようになり、体力が持たなくなっているからです。(以前、ダウンしてから血圧の薬を服用中です) それでも生徒が熱心に練習し、市内大会からj勝ちあがっているので、卓球メーカーからの指導員を依頼しました。さすがに現役バリバリの選手の技術はすごかったので、生徒にもよい刺激になったようです。あのような技術がもっと紹介されれば、卓球人口がもっと増えるような気がしました。今回お世話になったTSPの方に感謝します。

2006年10月26日 (木)

スワン彗星

久々に肉眼彗星の接近が話題になっています。一般的にはあまり知られていないいませんが、マニアの中では注目されています。最近、4等級になったという情報もあります。4等級は、天の川が見える状況で肉眼で確認できる明るさです。双眼鏡があれば、まず見えるはずです。

2006年10月25日 (水)

携帯電話の競争

ソフトバンクが急に価格破壊にでました。これで、KDDIもDocomoも刺激を受け、価格も下がることを期待したい。私が月に払う費用で、携帯代が光熱費よりも高い。使用頻度は少ないのに、とにかく高い。ここにメスが入ることを期待しています。ゲーム、音楽、お財布など、そんなものには関心がありません。私のようなユーザーはmどこでも通話ができ、安いことが一番です。

2006年10月24日 (火)

いじめ報道

今回の2件の自殺から、また「いじめ問題」がクローズアップされています。今回は教師が絡んでいることから、大きく取り扱われています。同じ教師として、この事件の問題点をつかみ、同じような教え子の自殺者を出したくないものです。文科省のいじめ問題の集計には疑問を感じていました。以前なら問題視されていたことも、問題視されない感覚の低下が問題だと思います。その感覚の低下には、様々な要因があると思いますが、今私が思う第一要因は、バラエティー番組だと思っています。生徒が日常会話の中で、平気で「キモイ」「死ね」というような言葉を使うのを耳にすると心が痛みます。クラスの生徒に話し聞かせるようにしても、肝腎な生徒ほど人の話が聞けないのが現状です。バラエティー番組の全てを否定しませんが、正義が育つようなドラマやドキュメントがもっと多くなり、人が苦しむのをあざ笑うのでなく、努力の達成感が感じるような風潮を作ってほしいものです。

2006年10月22日 (日)

秋の星空

1年を通じて星空が一番よい季節は? と聞かれると、私は自信を持って秋と答えます。秋の星座は明るい星が少ないという人もいますが、実際に今は夏の星座が宵の頃に目立ち、深夜には夏の星座が目立ちます。空気が澄んでおり、気温も苦にならないので、1年で一番星空を楽しむことができる季節だと思っています。そんな秋の星空をじっくり楽しみませんか?

2006年10月21日 (土)

星空企画の参加者

KSSの年間最大の行事ある「星空企画」はいよいよ来週です。参加者を募ってところ、なかなか定員の60人には達しませんでしたが、最大で43人になり、準備する気持ちにも励みがでました。しかし、その後キャンセル連絡が続き、今は38人かな? もうこれ以上減って欲しくないものです。直前になりますが、追加募集にも対応したいと思うので、希望者は連絡をお願いします。そうしないと、大幅な赤字と在庫品を大量に抱え込むことになります~~~!

睡眠4時間

仕事と家事と趣味の活動のやりくりで、私の睡眠時間は平均4時間です。ただ、仕事後、炊事に入るまでに30分ほどの仮眠をとることもあります。今週はその仮眠もとれず、疲れは蓄積しています。私は5年ほど前から高血圧でダウンし、依頼、降圧剤を服用して調整しています。医者の指示で、1日2回血圧測定をしていますが、睡眠不足が続くと、血圧が非常に不安定になります。今週、立ちくらみが頻繁にあったのも、そのためだと思います。5年前は原因がわからずダウンしてしまいました。今はわかっていても仕事と炊事は休めない状況です。何とかもたして、次の検査でまた降圧剤を増やして調整するしかありません。学校の先生の多くは、今の多忙の中、何とかやりくりをしています。でも、今回のいじめ問題などが起こると世間の風当たりが強くなり、ストレスは溜まる一方です。

2006年10月20日 (金)

関心のない日本シリーズ

今回のプロ野球の日本シリーズはおそらく全く見ないと思います。今までは何やかんやで見ていましたが、今回は全く興味が沸いてきません。中日ー日ハムという地道なチームの戦いのせいもありますが、プロ野球の注目度が落ちたことが大きいと思います。やはり、巨人の低迷は大きいと思います。あるニュース番組で低迷の原因を探る企画がありましたが、ピント外れであったように思います。巨人をダメにしたのは、現監督であり、それを擁護した体質です、私はそれで長く続けた巨人ファンをやめました。V9時代を知る人で同じような人も多いと思います。今回、王監督がソフトバンクの監督を続けることを知り、オリックスファンですが嬉しく思いました。巨人は今の監督が続ける限りダメでしょう。そして、その低迷巨人を抱えるセリーグも伸び悩むでしょう。今年もパリーグの勝つような気がします。

2006年10月19日 (木)

障害者の国体

兵庫国体のすぐ後に障害者の国体がありました。全国誌にはほとんど取り扱いことがなく、地方紙では取り扱われました。兵庫でなければ、おそらく扱うことはなかったと思います。オリンピックでもパラリンピックがあります。私はスポーツ界のこの扱いに疑問を持っています。同じ期間中になぜしないのだろうか? 会場が別であっても期間はいっしょであってもよいと思います。運動能力が高い選手が、障害を持っても同じ種目に努力する選手を見ることは大事だと思います。マスコミの報道も同じように扱うことで、障害者に対する隔たりはかなり変わってくるように思います。

2006年10月18日 (水)

赤信号

最近のドラマで気になるシーンが赤信号で停まるところを、変わり者のように扱うところです。確かに街に出かけたとき、守らない人が多いのに驚くときがあります。以前、生徒に日本人の美徳として、夜中の誰も通らない道でも信号を守ることを紹介したことがあります。この美徳の例がもはや崩れているのだろうか? 今後のドラマの展開で、守らない方が変わり者であるようにしてほしいものです。

2006年10月17日 (火)

「月刊天文」休刊

天文雑誌は3種類あるのですが、そのうち「月刊天文」が今年いっぱいで休刊になるそうです。実に悲しい知らせです。元は「天文と気象」であり、長く続いてきた雑誌だけに、残念でなりません。天文3誌の中で、内容面では硬派ですが、天文同好会の扱いはていねいであり、当同好会の「ケンタウルス」も何度も載せていただきました。休刊から再びリニューアルで復活することを願っています。

2006年10月16日 (月)

奥さま手帳の取材

10月14日の加古川宇宙科学同好会の例会に、「神戸新聞 奥さま手帳」の取材がありました。神戸新聞の購読者に月1回送られる地域情報誌です。企画編集は京阪神エルマガジン社で、かなり本格的な取材でした。12月1日発行なので、ぜひ見て下さい。私は毎日新聞なので、何とか入手ルートを作らねば、、、、。

2006年10月14日 (土)

セーラー服と機関銃

また楽しみなドラマが始まりました。私が学生の頃のドラまでで薬師丸さんのファンにとっては、夢中になったものです。セーラー服の清純なイメージとヤクザの世界の相反する世界が当時話題になりました。しかし、今の女子高生のイメージとヤクザのイメージが変わってきているので、当時の作品をどうアレンジする点にも注目したいものです。

2006年10月13日 (金)

星空企画 締め切り寸前

KSSの年間最大の行事、「星空企画」の締め切りは14日です。天の川が見える本当の星空をじっくりと見ませんか! 国内最大級の天体望遠鏡「なゆた」の観望会もあります。もちろん、KSSの実績30年の盛り沢山のプログラムを用意しています。詳しくは、当同好会のHPをご覧下さい。

 http://www2.117.ne.jp/~kss-hosi/

2006年10月12日 (木)

ソフトバンク

オリックスファンですが、今年は6月に沈黙し、盛り上がりのない1年でした。監督が替わることで、来期に少し希望がわいてきているところです。そんな私が今はソフトバンクに注目しています。今日は日ハムに負けてしまいましたが、逆転優勝を願っています。元巨人ファンなので、王監督に喜びを味わってほしい気持ちでいっぱいです。WBCで日本を優勝に導き、大きな手術をしているので、この気持ちは強いですね。

2006年10月11日 (水)

アマゾン

今回、あるDVDを手に入れるために、初めてネットで購入しました。恐る恐る画面に従って注文しました。そして驚いたことに、2日後に商品が届きました。いまさらですが、その便利さ感激しました。私は本もよく買いますが、高い本ほど、中身を見てから購入したいので、本のネット注文はおそらくしないと思います。

ドラマ始まる

ようやく新ドラマがスタートしましたね。番組改編期のつまらない番組が多かったので、ドラマ好きは首を長くして待っていました。プロ野球の優勝やプレーオフが、この番組改編期にあれば、ものすごい視聴率になるような気がします。さて、どのドラマがブレイクするか楽しみです。

2006年10月10日 (火)

文化祭

体育の日までは、スポーツにスポットがあたるような気がしますが、これからは文化面にスポットがあたるようになってほしいものです。私は文化部の出身のためか、体躯祭が苦手で、文化祭に関心がある方です。ところが、文化祭の文化面でなく、変なイベント面が目立つことが気がかりです。昨今、文化祭をなくした学校や、文化祭を文化部発表会と称して、簡略化する傾向が目立ちます。晩夏活動は確かにスポーツに比べて華やかさはないかもしれません。しかし、スポーツにはない奧の深いところがあります。だからこそ、文化活動に携わった人は長く続いていると思います。加古川宇宙科学同好会、何とか30年を過ぎました。

2006年10月 9日 (月)

秋の夜長

今日はある山荘まで星空宅配便を行いました。この連休中に、山荘に泊まる方でした。今まで、じっくり星を見る機会がなかった方々に、星空の案内をしました。星の魅力を伝えることができ、星空宅配便のやりがいも感じる思いができました。この時期の星空が一番ですね。空気が澄んでおり、暑さも寒さもなく、じっくりと星空を楽しむことができます。もし完全に連休をとれるなら遠出をして、星をじっくり見て、一夜を過ごしたいものです。しかし、現実は明日は部活指導と残務で、半分仕事のようなもの、おまけに家事のヤマ、、、、。

2006年10月 7日 (土)

お月見

今日は天気が悪く、お月見はダメだったようです。いろいろな星に関する伝統で、このお月見は一般的にも話題になります。天体観測者は、満月あたりの天体観測はさけるものですが、やはり秋の月には思わず魅了します。北日本は大雨の心配があり、お月見のゆとりはないかもしれません。何とか災害がなく、ゆっくりと月を見る心のゆとりができてほしいものです。北日本以外は、この連休中は月が見られそうです。たまには、ゆっくりと月を見てみませんか? 天体望遠鏡などはいりません。自分の目で、ウサギの餅つきの姿を確認してみましょう。

2006年10月 6日 (金)

斎藤選手

今や斎藤選手と言えば、ハンカチ王子こと、早実の斎藤選手ですね。不思議なことに、野球で斎藤といえば、投手をイメージします。元巨人、元横浜、ソフトバンクなど、みんな投手ばかりです。こんなケースは珍しい気がしませんか?

2006年10月 5日 (木)

星好きの女性へ

私の所属する天文同好会の本部会員は、今は男性ばかりになっています。通信会員には女性がいますが、集まる場が男性ばかりだと、やはり華やかさがありません。星の観望会に足を運ぶ中には、女性が多くいます。一度、活動ぶりを見て、気に入れば入会して欲しいところです。最近のDVDで、『好夏3 星空のユグドラシル』という作品を見つけました。女子高生の天文部の話です。こんなのがブレイクして、天文同好会の女性層を拡げて欲しいものです。

2006年10月 4日 (水)

テレビ番組改編「

毎回思うのですが、春と秋の大きな番組改編期のつまらない番組構成はなんとかならないものだろうか? 今日の「たかじんの番組」の最初に、このことに一括を入れていたが、同感です。特にドラマ好きな私のような者は、バラエティーの特番は耐えられない。ドラマの当たり外れは大きいものですが、10回や11回で終わるのでなく、12回までやって欲しいものです。

2006年10月 2日 (月)

高砂市

私は加古川市に住んでいますが、今話題の高砂市のすぐ近くです。兵庫国体の野球が高砂球場で行われることで、話題になっています。話題の的はハンカチ王子こと斎藤君ですね。テレビのニュースで見ると、さもすごい状況になっているようですが、そんな感じは受けません。今日も高砂の量販店に買い物に行きましたが、国体のポスターは目に付きますが、他は少しコーナーがあるぐらいで、そんなに目立ちません。むしろ、近づく秋祭りの方が目立ちます。兵庫国体は全種目、兵庫全域で開催されていますが、野球ばかり取り扱うマスコミに怒りさえ覚えます。

2006年10月 1日 (日)

星空企画 締め切り迫る

10月28日~29日に、西はりま天文台で1泊の企画は、あと20人ほどで、参加者の受付を閉め切ります。最終締め切り日は10月14日ですが、定員になり次第、締め切らせてもらいます。天の川が見えるような本当の星空を1晩中楽しむことができます。さらに、国内最大の天体望遠鏡「なゆた」での観測会にも参加します。天体望遠鏡の貸し出し、天体写真にチャレンジ、ゲームやクイズ、宇宙食試食など、いろんな企画があります。詳しくは当同好会のホームページをご覧下さい。 「星空宅配便」で検索可能です。

飲酒自転車もダメ

最近の飲酒事故に伴い罰則や取り締まりがきつくなっています。車の飲酒運転はよいことは「全くありません。自転車のi飲酒はよいわけではありませんが、公共交通機関が悪い中、車の飲酒運転を避け、自転車を利用していた者にとって、疑問の残る処置のような気がします。私が生活していて、一番危なく思うのは携帯電話です。車の運転をしながらの者もまだいます、自転車の携帯は野放しです。さらに、信号無視も増えています。モラルの低下がもたらす交通事故ですが、あまりにも飲酒の一面に偏り過ぎているような気がします。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »