フォト

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 天体観測
  • 天文同好会
  • 学問・資格
  • 学習塾
  • 文化・芸術
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 星空・宇宙
  • 星空宅配便
  • 映画・テレビ
  • 趣味
無料ブログはココログ

« バレーボールの放送 | トップページ | 谷選手に失望 »

2006年11月 7日 (火)

ゆとりのない教育

ゆとり教育が見直される方向性がようやく出てきたいることは、歓迎したいところである。しかし、さらに変な方向に向かないか心配もある。世間ではゆとり教育と言うが、現場は逆で、慌ただしい毎日である。今日から2年生は「トライやる・ウィーク」(5日連続の体験学習」が始まりました。3年生はオープンハイスクールです。1年生もこれにあわせて、クッキングの行事を計画です。一方、11月は人権学習を集中的に行うのは従来通りです。そこに、総合の授業準備、選択教科の計画など、かつてなかった授業準備に追われます。生徒もやることが増えていき、結局はゆとりがないのです。また、受験を考えると、数学の指導で教科書の穴埋めは大変です。たとえば、以前はこの時期は、バス旅行などがあり、生徒は楽しみにしており、羽を伸ばしていました。それが、ゆとり教育が始まり、なくなっています。「ゆとり教育」でなく「ゆとりがない教育」で、いろんな問題が起こっているような気がします。

« バレーボールの放送 | トップページ | 谷選手に失望 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆとりのない教育:

« バレーボールの放送 | トップページ | 谷選手に失望 »