フォト

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 天体観測
  • 天文同好会
  • 学問・資格
  • 学習塾
  • 文化・芸術
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 星空・宇宙
  • 星空宅配便
  • 映画・テレビ
  • 趣味
無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

新エネvs省エネ[

今日は総合の時間のまとめとして、各コースの発表が行われました。各発表はそれぞれのコースで選らばれた人材だけあって、それなりにうまくまとめた発表でした。そして、「新エネVS省エネ」でディベートがありました。中学1年なりの意見交換が行われました。はじめてのディベートとしては、よくやったと思いますが、学習のまとめとしては、課題の残るものとなりました。総合の時間の扱いは、こんな展開が多く、教師の負担は膨大なわりに、目に見える成果が得られません。「生きる力」をスローガンとした新教育課程も大きく修正が求められています。今回のテーマも、まずは「省エネ」が必要であり、将来的には「新エネ」も必要視されている。このことをしっかりと教えることが必要だと思います。

2007年1月30日 (火)

Windows Vista

久しぶりにwindowsの基本ソフトが販売されることになりましたが、今までのような大きな反響がないように思います。これから様子を見てから、アップグレードを考えるつもりです。今のところ特にかえる必要性がないので、変えませんが、変えると魅力ある機能が追加されるならば考えたいところです。私は地デジとの対応に注目していましたが、どうやら関係ないようですね。日米同時発売を考えると関係ありませんね。

2007年1月28日 (日)

痛快! エブリディ

18時過ぎに取材の方が、コスモスハウスKSS館まで来ました。さっそく取材に入りました。まずはリーダーの私のインタビューから始まりました。そして例会の風景、宅配の荷物、KSS館の様子などのカメラ撮りが行われ、19時半に宅配の訪問地へ出かけました。訪問宅は会員の家ですが、友達を多く集めてくれたので、通常の宅配と雰囲気は同じでした。時間が少ないのでプログラムはダイジェスト的に進めました。そして、メインの星の観望のときに、無情の雨? みぞれ? その中少し待ちましたが、とても外におれない状況になり、また室内へ移動しました。雨プロに切り替えて終了使用としたときに、雨はやみ月が出てきました。それは、もう大あらわでした。取材のことを忘れ、、子供達も我々KSS会員も天体望遠鏡に群がりました。ここがうまくとれておれば、かなりドラマティックだと思います。さて、どのような星空宅配便の紹介になるか? 放送は31日水曜の関西テレビです。

2007年1月27日 (土)

テレビ取材前

今日は関西テレビの「痛快!エブリディ」の取材があります。宅配の企画の中で、「星空宅配便」を取り上げてもらうのですが、企画の中でついでに紹介になるか、メインをはるか、アピール度の問題だと思います。何をおいても、星は天気が左右するので、何とか晴れて、星を見た喜びがナマで伝わるようになってほしいものです。放送は31日の予定です。

大彗星

今回接近したマックノート彗星は何と40年ぶりの大彗星に発展したようです。あまりにも急な彗星情報であり、私も見逃しました。今は南半球なので、その彗星の姿を見ることはできませんが、その彗星の尾は見えるそうです。今回のような彗星の急接近を考えると、インターネットによる情報のチェックは大切だと思いました。

2007年1月26日 (金)

スキー実習

私の勤める学校では、中学1年でスキー実習があります。2月の中旬に行くので、これから準備が本格化します。生徒達は楽しみにしていますが、そこに雪の心配があることを話すと、生徒の反応は曇ります。しかし、この心配こそが地球温暖化の現実を知るチャンスだと思います。雪の心配でスキーの校外活動を取りやめる傾向がありますが、そこで一工夫して、環境問題の学習として欲しいものです。

2007年1月25日 (木)

加古川

今日の深夜の毎日放送で陣内の特集があり、加古川出身のタレントとして加古川が紹介されました。加古川を紹介するのに、「明石と姫路の間にある市」や「陣内の出身地」では、情けないし、かつての○○事件のあった地では情けない! つまり、市のアピールポイントがなさ過ぎます。本当は歴史的にも、地理的にも、アピールの要素があるのですが、そこがうまくない市です。私の所属する加古川宇宙科学同好会も何度かマスコミに紹介されたことがありますが、市からのバックアップが全くないだけに、あえて加古川をアピールすることはありません。またテレビ局から取材の話がありますが、活動拠点の加古川が、他の地域の方にすぐにわかるような魅力ある市になって欲しいものです。

2007年1月24日 (水)

やらせ番組

今回、納豆ダイエットのことでヤラセ番組が問題になっている。ここに視聴者の厳しい反応を示し、このようなヤラセ番組がなくなる方向に向いて欲しいものです。このような番組がもてはやされる傾向も考えものです。私も数学を専門とする端くれですが、データについては、それを見極める視聴者の目も必要だと思います。義務教育で、統計をあまり扱わない現教育課程に危険性を感じます。

2007年1月22日 (月)

テレビの取材依頼

久しぶりのテレビ局から「星空宅配便」の取材依頼が来ました。今週の土曜日に取材に来ます。このところ、マスコミで取り上げていただいた後、イマイチ反応がよくないので、うまいことアピールしたいものです。

2007年1月21日 (日)

星空宅配便いn高砂

今日は高砂中央公民館へ星空宅配便をしました。この公民館とは10年以上のつきあいで、参加者の中にもなじみの人は結構います。今回は100人以上の参加者がありました。室内プログラムもなじみのある方でも楽しめるように、ネタも少しかえていました。こうした気配りも通じていたと思います。そして、野外のプログラムは天気にも恵まれ、観望は十分にできました。暦の上では大寒でしたが、寒さもマシでそんなに観測に寒さが苦になりませんでした。土星、オリオン座の大星雲、すばる、アンドロメダ星雲など、楽しむことができたのではないでしょうか。

2007年1月20日 (土)

ゆとり教育の見直し

ようやく文科省もゆとり教育の見直しに本格的に手を入れることになったが、方向性がまださざまらないまま改革を進めようとしています。土曜日の授業、教員の免許更新、ボランテアの義務? など、あの問題大臣がさめた口調で語るのに腹が立つ。まずやるべきことは、総合や選択の廃止でしょう。これらをなくし、毎日6時間で十分に教科の授業数は確保できます。総合や選択で、どれだけ現場が苦労しており、しかも無意味で、教員のストレスは溜まるばかりです。実際、生徒もこれを感じている。その証拠に、ここから生徒指導の問題が多発しています。教員が多忙化して、精神的障害で休養している教員が多いのも現状です。土日にいろんな体験的な学習の場があり、そこが家庭教育、社会教育の場であるべきでしょう。何でもかんでも学校が引き受けようとした「生きる力」などの文言で失敗したゆとり教育の失敗の根本を正さないと、生徒も教員も犠牲になるような気がします。

2007年1月19日 (金)

車椅子介護と中学教師

昨年の12月に父が骨折で入院し今も続いています。普段は仕事柄、夜に病院に顔出ししかできませんが、今日は仕事を休んで、長く付き添いをしました。リハビリを見る限り、元の義足歩行は厳しそうです。車椅子生活を覚悟しなければならないと思いました。歩行器までは覚悟して住宅の改修を冬休みにしたのですが、車椅子となると不十分です。中学教師は部活の顧問もあり、いつも帰りは遅く、持ち帰り仕事が多くなります。また、休日も部活もあります。今後の介護負担を考えると、悩むばかりです。

マイ新春ドラマ評価

1月から始まったドラマで、私が楽しみなベスト3を紹介しましょう。

ベスト1 華麗なる一族(TBS系日曜21時~22時)

ベスト2 ヒミツの花園(フジ系火曜22時~23時)

ベスト3 ハケンの品格(日テレ系水曜22時~23時)

であるが、ベスト1のみが光っており、後はドングリの背比べかな? 「華麗なる一族」は出演タレントもそろっており、原作は山崎豊子さんであり、同じ原作の「白い巨塔」に匹敵するような気がします。他のドラマは、コメディばかりであり、主演のタレントで左右されるような気がします。小西真奈美や仲間由紀恵などは、コメディにはミスキャスティングのような気がします。 

2007年1月18日 (木)

エネルギーと防災の集い

1月17日と言えば、兵庫県では忘れることのできない日である。阪神大震災から12年がたち、復興という声はあまり耳にしなくなりました。復興が進み、防災の色合いが濃くなってきています。この傾向はうなずけます。本校では、ここに環境問題もふまえ、今年はいつもになく、大きな集いが行われました。朝5時に集まり、12時までいろいろなプログラムが続きました。あまりにもよくばったプランであり、焦点がボケ、疲れが残る思いがしました。1月17日はやはり、追悼がメインにおいた防災の必要性を考える日であってほしい。そこに、環境のことは別に扱うべきだと思いました。今日、私のクラスで追悼の意を込めた黙祷に参加した生徒は数名でした。風力発電装置、防災井戸など、被災地の条件を整えた学校として、マスコミも注目し、今回は多くの取材がありました。私は過去2年間、防災の係りをして、自分なりにいろんな計画をして推進しましたが、今回はカヤの外で実に疲れを感じる1日でした。

2007年1月16日 (火)

私の阪神大震災

阪神大震災から12年、私の家も被害に遭いました。屋根は全面的に改修し、空き家の解体、家の補修、更地の整備と、私はそのときの貯金はなくなり、その上に数百万の謝金をしました。10年かかって返済し、ようやく私の震災が終わったと思いましたが、今、私の父が入院している間に住宅改修を進めていますが、そのときに、壁が崩れ落ちるところが2ヵ所ありました。さらに。部屋の移動しているときにも震災の傷跡が目に付きました。

2007年1月15日 (月)

華麗なる一族

今日から始まったドラマで、もちろん見ました。豪華な出演者であり、原作もしっかりしているので、楽しみにしていました。私が幼い頃の神戸の様子もあり、親しみも感じました。当時の日本の反映の様子がわかるような気がしました。最近はマンガのドラマ化が多く、コミカルタッチなドラマが多く、ストーリー展開が読めてしまって、何回か飛んでも苦にならないのではおもしろみにかけます。「華麗なる一族」は、久しぶりの見逃せないドラマだと思います。

2007年1月14日 (日)

卓球の大会

今日は卓球の大会の生徒引率でした。もちろん、部活の顧問は監督になります。かつては、練習も厳しくつききりで指導していたときは、大会でも熱くなっていました。しかし、今は家事や介護負担、自らの健康問題で、普段はほとんど部活の時間に顔をださなくなりました。一生懸命に卓球の練習に取り組む生徒達にとって、不十分な顧問です。それでも、大会で監督として入っていると、テンションはあがってきます。長年卓球部の顧問をしているので、ある程度のアドバイスはできるものの、根本的な技術指導は普段の練習にあります。そこを十分に指導できないもどかしさを、いつも大会後に感じています。

2007年1月13日 (土)

向井さんのドラマ

今日、「向井さんのドラマ」が放映されていました。年頭のPRで注目していたのに、今週の激務で、夕食後に寝込んでしまって、見逃してしまいました。どんな内容であったか? 見た感想は? 悔しい! 正月モードから連休モードで、そのツケが一気に今週にきました。

2007年1月11日 (木)

巨人のトレード

工藤が本人の知らないままに横浜にトレードになっていた。工藤選手のコメントは大人でした。その前の桑田選手の時も同様でした。功績のある両選手に対して、バカ監督の面影がありません。巨人はもう過去のブランドイメージがバカ監督により崩壊したような気がします。元巨人ファンだった私は12年ほど前に、神戸を本拠地とするオリックスのファンになりました。そのオリックスが大阪を本拠地にすることで、ガッカリしています。谷選手が巨人に移籍したことも失望しています。今回の中村選手の解約が不成立なことには、あまり失望感がありませんが、その分の戦力の補強はしっかりとして欲しいものです。

2007年1月10日 (水)

防衛省へ昇格

今日のニュースで、防衛庁が防衛省になったことが報道されました。今後、防衛という名の下に、日本の軍国化が危惧されますが、あまりにもニュースの扱いが浅いのにも驚かされます。教育基本の改正や防衛省への昇格など、安部総理になり、議論なしに断交されています。この路線を止めていかないと、これまで日本が育ててきた「美しさ」を失うことになります。60年前の軍国日本の反省に基づき今の憲法がありますが、これも改憲で崩れるかもしれません。

2007年1月 9日 (火)

成人式の報道

今回のニュースでは、バカ成人の無謀な行為の報道は見ませんでした。マスコミ報道のあり方も変えたかもしれませんが、無謀な行為の報道がなく安心しました。しっかりと歩む新成人の姿を報道したところもあり、安心しました。しかし、よく見ると、式典で正装しているものの、話を聞かず、携帯電話でメールなどしている姿は目に付きました。このあたりは、許していかないと成り立たないのかな? CMでありますね「大人のマナー」

2007年1月 8日 (月)

都立水商

父が入院し、そのときの付き添いの時間つぶしに、このコミックのタイトルが目につきました。興味深く購入しました。面白さではまりました。小学校の頃、マンガ離れをして、マンガの本を買うことはありませんでした。以来、マンガの本を見るのは散髪やぐらいでした。大学の時、ヤングジャンプが発行されるようになり、時々買っていましたが、社会人になると買わなくなりました。コミック本を買ってまで読むことはなかっただけに、今回のはまりように自分でも驚いています。

2007年1月 6日 (土)

マグロ

今年最初の感動は、ドラマ「マグロ」でした。2日に渡る長編ホームドラマでした。少し、長すぎる面もありましたが、マグロの1本釣りにかける篤い思いと、それを支える家族の絆がよかったと思います。子供に関する痛々しい事件を報道するニュースが続いています。バラエティー番組もたまにはよいと思いますが、人が苦しんでいる様子を見て笑う、こればかりだと心配です。今回のような心に訴えるようなドラマ、ドキュメンタリーが増えることを期待しています。

2007年1月 4日 (木)

大工の接待

親父の入院に伴い、介護をしやすいように住宅改修工事が明日より始めます。大工さんが来るわけですが、接待はどの程度すればよいのでしょうか。男はこんなときダメなものですね。

りゅう座流星群

1月4日が極大です。3大流星群の1つですが、私はまだよく流れている様子を見たことがありません。薄雲が張り詰め月明かりが明るい状況で、3日は確認できませんでした。この流星群の流れる時間は限られているようなので、4日にヒットすることを期待したい。もし、北の夜空に流れ星をよく見えるようなら、メールで知らせて欲しいものです。こんなネットワークがあれば、活用したいですね。

2007年1月 3日 (水)

格闘技番組

大晦日の格闘技番組は楽しみにしています。長年、紅白は見たことがない私にとって、大晦日に格闘技の番組が定着することは大歓迎です。割合視聴率も高かったようです。かつての同時3本は困りますが、分散すれば、それぞれ楽しむことができるように思います。ただ、昔からのプロレスファンにとって、プロレスが下火で放送すらないのが寂しい限りです。

2007年1月 2日 (火)

正月番組

どうもつまらないバラエティーばかりなので、この正月はあまりテレビをみていません。番組の改編時はいつもつまらない思いをしています。しかし、正月にはたまに気合いの入ったドラマがあります。それはドラマ好きのわたしにとっては楽しみです。それが、3日に集中しており残念である。今日2日は、最悪である。ラジオを聞きながらインターネットかな?

IHとお餅

昨年からIHのコンロを使用していますが、昨年はお餅を焼くのが失敗しました。表面が焦げても中は堅く、とても食べられたものではありませんでした。今年は雑煮だけにしていますが、やはり今までのように餅を焼いて食べたいものです。IHでは焼き餅はダメなのでしょうか?

2007年1月 1日 (月)

謹賀新年

昨年の春からスタートしたこのブログもアクセス数4400を越えました。1日15件ペースです。今年も気ままに書いていきたいので、よろしくお願いします。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »