フォト

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 天体観測
  • 天文同好会
  • 学問・資格
  • 学習塾
  • 文化・芸術
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 星空・宇宙
  • 星空宅配便
  • 映画・テレビ
  • 趣味
無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

オールスターの裏MVP

今日のオールスターの裏MVPは原監督でしょう。セ・リーグの勝ちゲームで、しかも1点差で、8回藤川? 9回久保田??? おそらく、大半の方がこの疑問を抱いたと思います。特に、阪神ファンの方はそう思ったでしょう。オリックスファンの私は,当然パ・リーグの応援です。ラジオのアナウンサーが8回ぐらいから、今日のMVPは和田や金本という話をしていた。そのときも、「ナメンナ」と思っていました。8回藤川で、「アレ?」 ローズの打球もホームラン性であったようだが、3人で押さえられた。9回、クルーンならランナーがでれば、わからないと思いました、しかし、久保田であり、ラッキーと思いました。期待通りの逆転劇であった。 巨人が巨大戦力でありながら勝てない原因を証明したような展開であった。この原監督、どんなヘボをしても、非難されないオーラがあります。明日のスポーツ紙が楽しみです。 

星空のディナー 応募状況

KSSが年間最大の行事は、西はりま天文台公園で1泊で行う「星空企画」です。今年は11月1日~2日です。天の川が一晩中見える抜群の環境で、我々と一緒に星空を楽しむ企画です。今年のテーマは「星空ディナー」です。今のところ、20人の応募があります。定員60人です。まだ余裕があるので、関心のある方は応募して下さい。詳しい案内は,当同好会のホームページを見て下さい。「星空宅配便」で検索可能です。今年は、早くから応募していただいた方の要望に応じて、内容を組みたてるつもりです。

2008年7月30日 (水)

認定講習

昨年から長期休みを利用して、特別支援教育の認定講習を受けています。昨年は2単位取りました。今年も多くの単位を取りたいと思っていましたが、4講座希望しましたが、そのうち1つしか希望がかなえませんでした。どうも受講希望者が多いようです。今回希望がかなったのは肢体不自由です。自分の父親が義足であるので、この状況はよく知るところです。しかし、学校現場の特別支援については、しっかりと学習しなければなりません。受講は嬉野台生涯教育センターです。開始15分前に現地に着きましたが、少し違った雰囲気に、、、???    なんと、警報のためにこの日の講習は延期となりました。車で1時間弱かかり、晴れているのに、唖然としました。この講習のテキストも、神戸の書店にもなく、サイトで注文し、コンビニの受け取りも3日がかりの難航しました。この認定講習、何かとハードルが多いようです。

2008年7月29日 (火)

研修と豪雨

今日は午前中は、人権の研修がありました。研修前に、椅子並べの準備をしていたのですが、エアコンが入る前であったので、ものすごい汗でした。多くの教職員が部屋いっぱいとなり、エアコンの効きも悪く、汗が流れ落ちる研修となりました。そのときは、連日の暑さで、「一雨ほしい」と痛感しました。 午後は、別の場所で、算数の教育の動向を研修しました。10年前の内容に戻すのでなく、今の方向性を保ちながら戻すようです。このあたりは、今後、研修をしていかねばならないと思いました。この研修中に、停電が起こるハプニングがありました。外はものすごい雨と雷であったようです。午前中に思った「一雨」は、なんと「豪雨」。異常気象を感じる天気でした。

2008年7月27日 (日)

スターウィーク継続観測

8月1日~7日をスターウィークと言います。しかし、残念ながらあまり知られていないのも事実です。KSSでも開始当初から協力しています。観測方法は簡単です。双眼鏡で指定された部分の星が何等星まで見えるかを観測します。詳しい情報はインターネットで入手できます。観測用紙も手に入ります。七夕や夏至の日に、照明を落とすことが行われたようです。ぜひ、この期間も照明を落としていただきたいものです。この主体は環境省や国立天文台です。単にイベントだけでなく、星のよく見える環境保全につながる試みとして、私も注目しています。KSSでは、毎年、夏と冬に高砂中央公民館へ、星空宅配便を行い、スターウィークに協力しています。観測結果はよい方ではありませんが、よいデータが得られることを願っています。すぐにできることは、不必要な照明を落とすことです。

KSSの8月の予定

遅くなりましたが、KSSの8月の予定を連絡します。

2日(土) 星空宅配便 高砂中央公民館 スターウォッチング

3日(日) 星空宅配便 姫路子ども会

9日(土) 星空宅配便 篠山小学校

12日(火) ペルセウス流星群 観測 糀谷ダム

16日(土) 例会休み

17日(日) 星空宅配便 西宮子ども会

23日(土) 星空宅配便 加西 夢っこクラブ

30日(土) 星空宅配便 加古川市内

ご覧のように、8月の予定は詰まっています。星空宅配便の依頼は9月以降は空いています。

KSSo

悲しいお通夜

長い教師生活で、在校生のお通夜を始めて経験しました。何とも言えない気分です。今日は、星空宅配便の依頼がありましたが、さすがにその方を優先で参加できませんでした。その分、他のスタッフがやりくりをしてくれ、何とか対応できました。

2008年7月26日 (土)

宅配報告 7/25

今日は三木ホースランドへ宅配に行きました。施設行事であり、施設の方にもよく協力していただいています。参加者が少ないときは恐縮します。しかし、今回は定員70人で締め切るほど盛況でした。平日でしたが、スタッフも望遠鏡も準備が整い、さらに天気にも恵まれ、久しぶりの好条件にも恵まれました。小さい子どもが多かったので、急遽、内容を変更したところもありますが、夏の主な天体をじっくりと見ることができたのは、我々スタッフとしてもうれしい限りです。

2008年7月24日 (木)

図書案内「宇宙への秘密の鍵」

久しぶりに図書案内をしてみましょう。『宇宙への秘密の鍵』(岩崎書店)は、あの車椅子の天文学者ホーキング博士と娘が、子ども向けに書いた本です。かなり分厚い本ですが、宇宙の最先端の理論にもふれることができます。恥ずかしいことに、私もブラックホールとらえ方を再認識しました。

災害対策が重要課題

前の職場の同僚の義父が熱中症で亡くなわれたそうです。本当に暑いですね。今、学校で補習をしていますが、生徒も教師も汗をかきながらです。市内で、熱中症による救急車の出動が数件おきているそうです。部活動をしている生徒も教師も大変です。私もこの2日間軽い頭痛が続いているので、気をつけたいところです。そして、先ほど岩手で大きな地震の報道が入りました。大きな被害がないことを祈ります。この両面から見ても、災害対策の不備、医師不足など、これは最重要課題だと思います。政治家のTOPは道路が最重要課題のようですが、被害があってからではどうにもなりません。今の状況を考えての、方向転換は必用ではないでしょうか?

2008年7月23日 (水)

今週の星空宅配便

今週は2件の星空宅配便の予約が入っています。

25日(金) 三木ホースランド  既に定員に達しており、受付は終了しています

26日(土) 赤穂市内の子供会

 夏休みモードで、週1~2件の予約で詰まっています。三木ホースランドは、星空宅配便でよく行くところです。先月のある小学校の自然学校の依頼で、星空宅配便を終えた後、望遠鏡の後始末をしていたときに、ある小学生が近づいてきました。「忘れ物か?」 「今年のキャンプに参加します。また、よろしくお願いします。」という声を聞き、平日の依頼で疲れた体に、やりがいを感じた思いがしました。

阪神にマジックナンバー

パ・リーグでは各チームがひしめく熱戦が繰り返されていますが、マスコミの扱いは相変わらずセ・リーグばかりです。阪神の優勝、横浜の最下位は、ほぼ決定的! オリンピックの選手選抜も、セ・リーグ色が強い。秋まで野球を楽しみたいなら,パ・リーグに注目しましょう。ちなみに、私はオリックスファンです。これからの躍進を期待しています。

2008年7月22日 (火)

子ども会行事

子ども会の役員になると、その責任を果たすことは大変だと思います。私も中学校の教員なので、よく知るところです。教師であっても、夏休みなどの特別行事の組み方は頭を悩ませます。その中で、星空宅配便に声をかけていただいてもよいのですが、何しろ夜の行事であり、星を見るための努力は必用だと思います。そのためのガイドラインを当同好会でも作成しています。星空宅配便をよべば、確かに、役員の方々の負担は少なくてすむと思います。しかし、それで来年も、、、。というのは、考えものです。参加する子どものモチベーションが高く、是非来年も、、、、。なら、考えてもよいのですが、多くの場合は違います。子ども達は、今年は何かな? これが子ども会の行事の楽しみだと思います。私どもも、昨年と同じような内容で。「またか、、、」 という子どものつぶやきは気になります。 参考までに、中学校では、3年周期があります。それだと、在学生徒について、常に新鮮みがあるからです。参考までに、、、。

3連休

久しぶりに,ゆっくりできた連休でした。今までは。休みの度にビデオ編集をしていたので、休みなしの感じでした。でも、私には家事からは逃れることはできません。猛暑の中、家の掃除をしましたが、途中で切り上げ、パチンコ屋に出かけるありさまでした。洗濯にアイロンと、いろいろありましたが、寝転んでTVを見られると、完全な休みモードという気がしました。さて、ピンボケ総理も夏休みで、休み明けに内閣改造という声が高まっています。ドラマ「CHANGE」なら、解散総選挙というクライマックスでした。おそらく、このドラマを見たものは、政治に対する意識は高まっているはずです。しかし、それを裏切るのが,今のピンボケ総理でしょう。「どうして、内閣を改造する必用があるのですか、、、」と、とぼけたコメントが目に浮かぶようです。

2008年7月21日 (月)

国際宇宙ステーション

19日の星空宅配便は神戸のマンションへ行きました。歩道に天体望遠鏡を組む状況で、外で待機をしていたときに、明るい星が移動していくのを見ました。それが、国際宇宙ステーションかもしれないということは、以前、見ていたので、予測がつきましたが、外では確認できませんでした。国際宇宙ステーションとわかってみると、興味も倍増します。このときに集まった子ども達に紹介できなかったことを反省しています。このときは、ノーマークでした。今後は、例会中の現象をKSS館でチェックし、宅配先に指令を出せるようなシステムを構築したいものです。昨年の星空企画のサプライズ企画としての反応はよかったと思います。

加古川駅

もうすぐ27万に達する人口増加ですが、その中心である加古川駅の状況は悲惨です。駅の周囲は整備され、きれいになっているのですが、とにかく人がいません。私は終電(なぜ、終電か、、、?)で、加古川駅で下車したもののタクシーはいません。20分ほど待ち、やっとタクシーが1台来ました。駅の周辺が整備されるほど、人が離れてゆく気がします。数年前は、駅前の路上に、タクシーが深夜でも並んでいたような気がします。

2008年7月19日 (土)

やっと夏休み

学期末の激務を終え、ようやく夏休みです。もう、ヘロヘロです。以前なら、終業式の後は、もうリラックスタイムでしたが、今は、午後に心肺蘇生とAEDの講習です。毎年行っています。正直なところ、ヘロヘロの体で、研修を受ける方がダウンしそうです。もちろん、教師は休みではありません。毎日連続8時間以上の連続勤務+持ち帰り仕事から、一時解放されることは、助かります。夏休み中に、認定講習の希望をしていましたが、4つのうち、1つしか許可がおりませんでした。希望者が多いようですが、その通知が学期末に、こちらから催促しないと届かないのは、教育委員会も忙しいのだろうか? 前日に、4時間以上の奉仕残業をしており、今日は定時で帰ろうとしたときに、生徒指導、、、、。私は、病院の診察をまた諦め、薬だけもらうことになりました。教師にとって,夏休みは、激務から解放され、体調を整える大事な期間です。

2008年7月18日 (金)

梅雨明け

関西方面にもようやく梅雨明けのようですが、どうも1週間前にあけていたような気がします。判断が難しいようですね。今まで、蝉の鳴き声をあまり聞きませんでしたが、梅雨明けの声を待っていたように、賑やかになりました。

2008年7月17日 (木)

ポーズで仕事

今日は,職場でブチキレました。今は学期末で忙しい時です。今年は担任がなくても、雑務を引き受けているので,やることはいっぱいです。記録ビデオのコピーをしながら、補習の準備、つまり、マルチで仕事をしていました。そこへ、苦情電話。応対を教頭がして、現場を見に行くように指示した。「何のために行くのか?」 それを問いながら、一応行くことにした。直接話を聞くとか、中学生が現場にいるならわかるが、匿名である。以前にも、匿名のガセネタで何度か職員が振り回されたことがあります。暑い中、歩いて現場に行き、ウロウロしました。当然、誰もいません。そして、職員室に帰ると、教頭がいて、「誰もいないし、どこかわからない現場の何を確かめに行く必用があるのか、、、」と言うと、「ポーズ、ポーズ」の言葉に、ブチキレました。こうなると,私はおさまりません。昨年から,このようなポーズの仕事が増えています。ばからしい限りです。匿名の電話に対して、ポーズで仕事をしていたら、おそらく、無駄な仕事は膨れあがるでしょう。地域の大人が、直接注意することも必要です。それに対しては,私はお礼も喜んでします。それに刃向かう中学生なら、学校もすぐに対応します。家庭や地域の教育力の低下を、すべてを学校が背負うと、学校がパンクするのはあたりまえです。モンスターペアレントは、数年前から教育界に登場している言葉ですが、今回のドラマを通じて、広く認知されそうですね。

2008年7月16日 (水)

地道な努力

昨夜は午前4時までビデオ編集をしていました。その前が午前3時なので、2日で5時間しか寝ていません。それも野外活動の報告ビデオを作るためです。それまでにも時間と費用をついやしていたので、この2日の追い上げ作業は意地です。今日は生徒に見せ、今週のPTA懇談会の参加の保護者にも見てもらう予定です。このビデオ編集の作業は、教師にとっては全くのプラスαの仕事です。この苦労は、この作業をしたことのあるわずかの同僚しかわからない世界です。 今の学年主任はこの苦労を知るので、「ご苦労様」の声がありました。他は、、、? そして、今月の給料明細を見て、ガッカリしました。何年前の手取りでしょうか? この超物価高を考えると、先行きは泥沼です。 さすがの私も、午後に半年休をとり、完全に寝lみました。

2008年7月14日 (月)

レコード屋

最近はレコード屋がなくなりましたね。今の私の生活圏には、以前、2件のレコード売り場がありましたが、最近、1件は売り場がなくなり、もう1件は、電気店のほんの一部にあるだけになりました。私もそうCDを買う方ではありませんが、パチンコに勝利したときに,気まぐれで買うぐらいでした。聞くのも,車の中ぐらいで、それでも普段はラジオなので、ほとんどCDは必用ありません。ところが、今回、ビデオ編集のBGMで新しい曲が欲しく、苦労しています。とにかく、レコード店が内ので、最近の流行の曲名や歌手がわかりません。何とか、インターネットで調べましたが、その曲が手に入りません。どうも、最近は音楽はダウンロードするようですが、それをしたことがないので、不安です。また、ビデオに取り組めるかもわかりません。一応、携帯電話では着うたを取り込んだことはあります。そういえば、今の車も、SDの差し込みで曲が聴けるようです。 この音楽分野は、完全に時代遅れのおじさんである。

2008年7月13日 (日)

星空宅配便の報告

今日は加古川市立平荘小学校からの依頼でした。参加者170人規模と言うことで、KSS同好会の本部会員のスタッフ不足と天体望遠鏡の不足が問題になっていました。天体望遠鏡の不足は、本部会員の努力により、何とか望遠鏡をそろえました。スタッフの不足は、昨年に星空案内人の資格を取られた方々の強力があり、余裕さえありました。そのおかげで、晴天の星空をじっくりと見ることができました。

2008年7月12日 (土)

「はりま宇宙講座」vs「星空企画」

どちらも私は関係しているので、ともに7月からの募集開始で、どちらも応援したいのですが、どうしても長年努力してきた「星空企画」の方が気になります。7月10日現在、「はりま宇宙講座」の方は、定員を超える勢いで、追加PRはしなくてよい状況です。それに対して、「星空企画」の方は、目下ゼロです。どう考えても、ハードルは「はりま宇宙講座」の方が高いと思うのですが、この差は何でしょうね?

2008年7月11日 (金)

ハザードランプ

私が車を止めているときには利用します。7月からは地震の予報が流れたときにもハザードランプを点灯し、左に寄り、速度を落とすようにしなければなりません。もちろん、故障の時にも利用するでしょう。今月に、星空宅配便で遠征する際に,久しぶりに高速を利用しました。関西には、混雑時にハザードランプをつけるような、妙な習慣があります。これは不思議で,私はこのようなことは絶対にしません。緊急地震速報のこともあり、この妙な習慣は減ったように思いますが、まだ、わずかに不届きものがいます。マスコミでも、この混雑を知らせるハザードランプは辞めるようにアピールするべきです。罰金を取ってもよいのでは?

2008年7月10日 (木)

星空宅配便(7/9)報告

今回は宍粟市の学遊館まで行きました。ミニ自然学校をしている、菅野小学校、土方小学校の4年生でした。2校あわせても30人弱であったので、スタッフ3人で十分対応できました。久しぶりの晴天プログラムを刷るつもりでしたが、20時過ぎから雲が張り詰め、観測が不可能となりました。星の話で時間のつなぎをしているとき、木星が出てきて、最後に木星を見ました。ガリレオの話もしていたので、おそらく印象が強く残ったのではないでしょうか。

2008年7月 9日 (水)

暑さの中の授業

急に厚くなってきました。この中で,授業をする方も、受ける方も大変です。平均気温が上がり、今は短縮の授業が昔ほどないので、かつてない状況です。環境を主体においた洞爺湖サミットですが、本当に温暖化を意識するならば、そんな涼しいところで、設備が整えられたところで考えるのでなく、例えば、私の学校で開催すれば、温暖化問題は嫌でも真剣に考えるかもしれません。

2008年7月 8日 (火)

サミットと七夕

洞爺湖サミットがはじまりました。参加国や参加者は増えており、ここでの手腕が問われますが、議長がピンボケ総理なので、何を目指しているのか、方向性が見えません。開催地や施設面で、環境面を意識しているようですが、一部の七夕のライトダウンでは、話になりません。国民にもピンボケの総理が、世界の首脳に何をどう訴えるのでしょうか? ドラマ「CHANGE」でキムタクが演じている総理の姿なら、国民にも,世界の首脳にも通じるような気がします。

2008年7月 7日 (月)

七夕

7月7日というと、「七夕」が話題にもなりますが、そんなに大きな動きはありません。店の片隅に笹飾りがあるぐらいでしょうか? 近年、ハロウンの方が目立つ方がおかしいような気がします。 この七夕は旧暦の行事なので、8月7日の方が的確です。このことは、天体観測者はよく知ることです。何とか、このあたりのズレをなくし、七夕の慣わしを文化として大事にしたいものです。オリンピックの頃、中国で七夕の行事があれば、その文化のつながりがわかるような気がします。

日曜劇場「Tomorrow―陽はまたのぼる―」

またも楽しみなドラマが始まりました。日曜劇場「Tomorrow」です。市立病院の現状をドラマ化したものです。このようなシリアス系のドラマは見応えがあるものです。この夏は、ドラマが楽しみです。

2008年7月 6日 (日)

梅雨明けか?

この2,3日の天気を見ていると、梅雨明けのような感じがします。最近の夏の星空は9時頃まではどんよりしており、それ以後から星がよく見えてくる傾向にあります。私はこれを、ヒートアイランド現象の1つだと思っています。 七夕の夜に、ライトダウンの声もありますが、そんなイベント的な企画でなく、天の川が見える街作りなど、長期的な取り組みでないと、地球環境の改善になりませんね。

星空宅配便7/5報告

今日は京都まで遠征しました。昨年に続き、2年目の依頼先でした。KSS館の出発は16時。現地に着いたのは18時過ぎでした。今回は本部会員3人と京都からの助っ人1名で対応しました。しかし、室内場所と、天体望遠鏡の場所が少し離れていることは、スタッフ不足の時の対応は大変です。私は最初に望遠鏡を組み、講演で一人いました。犬の散歩の方やランニングの形の話し相手をしていました。天体望遠鏡を見て、関心を寄せています。その一人の方に頼みました。5分間、ここにいてくれませんか? 驚きながらも,何とか引き受けてくれ、その間に、バス停に止めていた車を駐車場へと移動しました。中は中で大変であったようですが、外の準備不足で観測のチャンスも見送りました。外と中の入れ換えで、私は中に入り、プラネタリウムの担当でしたが、年齢の低さと、関心の低さに、私はクイズ中心のプラネタリウムを終始しました。そして、野外に移動、しかし、天気は曇り、そしてその地点で望遠鏡のセットができていない状況で、バタバタでした。何とか場をしのぎましたが、終了の話の後も、何となく物足りなさが漂っていました。そして、終了過ぎに、ベガ、木星と、ほんの一部の人が見ることができました。 KSS館に着いたのは、23:30でした。今日は例会も休みにしていたので、KSS館もだれもいませんでした。今日は、本当に着かれました。

2008年7月 5日 (土)

プリンター購入

プリンターの購入を迷っていました。今まで家で使っていたプリンターの紙送りがうまくいかなくなり、迷っていました。(もう1台、コンパクトプリンターはあります) 結論を早めたのは、仕事上のプリントがうまく行かないためです。学校現場では、印刷機の関係で、メインはB4やB5です。つまり、B4の印字が必用なために,プリンターを買いました。私の勤める学校で、B4の印字がすんなり行くならば、悩む必用はありませんが、B4印字の可能なパソコンが限られており、仕事上,効率よく使えません。結局、B4印字可能な高いプリンターを自腹で買うしかありません。本当なら、職場のパソコン環境はもっと進んでおかねばならないのですが、我が県や市では、その国からの予算は、道路や巨大施設費に化けています。

2008年7月 4日 (金)

ドクターヘリ

今日始まったドラマでは,ドクターヘリによる緊急医療を扱っていました。役者も、スケールも大きく、期待のドラマになりそうです。ある政治家か、緊急医療のために道路が大事だと言っていました。その説得のなさに苦笑しました。おまえの地元の人気稼ぎしか考えていないくせに、、、。緊急医療の現場を考える上でも、よいドラマだと思います。医療のために道路という政治家や、バラエティー番組に出まくっているあの知事にも見て欲しいものです。

2008年7月 3日 (木)

ボーナスが減っても自腹

我々は年間40万円のカットで頭を痛めています。下がる方はマスコミはあまり話題にしません。学校は完全週休2日制になっているので、下がるのも当然という声もあるようです。しかし、実際の仕事の量は増えています。私などは家事をしなければならないので、持ち帰り仕事の量は膨大です。自宅で仕事ができるように、自腹を切ることはあたりまえの世界です。私は、ビデオ編集のために5万円以上、今回は自宅で計算問題を作りやすくするために3万年。その購入したソフトがうまくインストールしない有り様。いろいろ無駄な時間をかけ、遂に逆鱗! ソフト会社に電話し、怒りをぶちまける。もちろん、自分の携帯電話です。 昨日のドラマの中で、定額の給料で、大変な現場でよくたえていますね。というセリフは、教師の心にしみます。 その私が、ソフトメーカーの担当者に、モンスターユーザーとして、名乗り上げたのです。何とか起動したので、この場でその会社名を上げることは、しませんよ。

2008年7月 2日 (水)

新ドラマ「モンスタ-ペアレント」

今の学校現場を脅かす新たな問題を扱ったドラマの展開に注目しています。さて、1回目の放送で、モンスターペアレントのいかに理不尽な要求で、学校現場を困難にしているか、その一端は通じたと思います。しかし、いきなり教師や学校の敗北からスタートしたのに、一抹の不安を覚えます。

2008年7月 1日 (火)

星空のディナー

当同好会の誇る1泊の星空企画です。毎年40人ぐらいの参加者が、一晩中、天の川が見える抜群の条件で、心行くまで星の魅力を楽しんでいます。(毎年参加される方もいます)

 日時  11月1日(土)16時~2日(日)10;30

 場所  西はりま天文台公園

 定員  60人

 テーマ  星空のディナー

 内容  天体観測、講座、ゲーム、ふれあいタイムなど、盛り沢山です

 参加費  大人5000円  中学生以下3500円  食費、宿泊費など込み

 申し込み  7月1日より募集開始 定員になり次第受付を終了します

        当同好会のホームページに詳しい案内と申し込みフォームがあります

http://www.hyogo-intercampus.ne.jp/gallery/kss/

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »