フォト

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 天体観測
  • 天文同好会
  • 学問・資格
  • 学習塾
  • 文化・芸術
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 星空・宇宙
  • 星空宅配便
  • 映画・テレビ
  • 趣味
無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

KSS館大掃除

今日はKSSの活動拠点である「コスモスハウスKSS館」の大掃除をしました。 雨漏りや随所に痛んだところがありますが、こうして大掃除で、リフレッシュして、新年を迎えることができます。 世界天文年にむけての飾り付けは、追々していくつもりです。 

2008年12月30日 (火)

年末・年始の星空

年末年始に休みのところも多く、星空の妨げになる光害も少なくなるときです。 宵の明星の金星と月がまた接近します。 また、1月3日22時が極大となるりゅう座の流星群も気になるところです。 何と言っても、来年は世界天文年、1月4日にいろんな天体観測施設でオープニングイベントが予定されているようです。

2008年12月27日 (土)

恒例KSS08年 10大ニュース

私個人が今年をふり返り、KSSにとっての10大ニュースをまとめました。

① 星空宅配便31回実施(通算644回)
② 本部会員減少 過去最少の7人に
③ 「はりま宇宙講座」今年も協力
④ 星空宅配便の助っ人の活躍
⑤ 星空企画 今年も晴天で実施
⑥ サッチャン(河島)氏、天体望遠鏡を購入
⑦ ミード(40cm)の寄贈
⑧ ホームページ更新が停滞中
⑨ ブログを二分化
⑩ チャリティーバザーで、浜の宮公民館とお別れ

これらの内容と、来年に関する意気込みを、次号の「ケンタウルス」の私の原稿としてまとめるつもりです。

2008年12月26日 (金)

来年は世界天文年

来年はガリレオが初めて望遠鏡で星の観測をしてから400年目にあたります。 私もKSSもこれを通じて星に関する注目が集まることを歓迎しています。 オープニングイベントは4日にいろんな天文関係施設で予定されているようです。 「世界天文年」で検索可能です。

2008年12月23日 (火)

天体望遠鏡を車から降ろす

星空宅配便が続いているときは、私は天体望遠鏡を積みっぱなしです。 年内の星空宅配便は無事に終わりました。 年明けは1月17日の高砂からです。 それまでは、天体望遠鏡も休ませるかな? 

2008年12月22日 (月)

加古川宇宙科学同好会のHP

長く更新ができていなく、ご迷惑をかけています。 HP担当が退会し、それを引き継ぐことがなかなかできていません。 何とかこれまでの実績を元に続けたいと思っています。 この冬休みが長いので、何とか対策をこうじたいと思っています。 ただ、そのHPをカバーしているこのブログは着実に更新しています。 よろしくお願いします。

2008年12月21日 (日)

星空宅配便 12/20 の報告

今回は篠山市立西紀南小学校4年生に,星空宅配便を行いました。 天気の心配がありましたが、何とか天気がもち、久しぶりに星空をじっくりと見るかとができました。 スタッフもスケットもあり、一度に、二重星団、ずばる、アンドロメダ星雲、M42,アルマクを見ることができました。 我々もおそらく、今年最後の観望ができたように思います。

2008年12月15日 (月)

天体望遠鏡の実技試験について

「はりま宇宙講座」でjは、赤道儀に重点をおいています。

 ○望遠鏡の設置(極軸を北にあわす、水平、周りの安全など)

 ○望遠鏡の調製(ファインダー、バランスなど)

 ○粗動と微動(クランプ、微動装置)

 ○対象天体と倍率

これらは、「星空案内人になろう」の本がテキストとなっています。 自動導入が増えていますが、赤道儀を使いこなす上で、星の動きなどの講座内容が生かされると思っています。「はりま宇宙講座」は、西はりま天文台の研究員が事務局となり活動しています。国内最大の望遠鏡「なゆた」の操作に慣れている方々ですが、やはり、赤道儀のしくみが必用だと力説しています。

2008年12月14日 (日)

星空宅配便(12/13)の報告

今夜の三木ホースランドでの星空宅配便は曇天のため、オール雨プロとなりました。 それでも、50人を越える参加者がありました。 熱心な方が多かったように思います。 同時に「はりま宇宙講座」の実技試験があり、曇り空でしたが4人の方がチャレンジしました。 望遠鏡はやはり、慣れが必要なので、曇天であっても、とにかく望遠鏡を操作してみることが大事だと思います。 せっかくのふたご座流星群も観望できませんでした。

2008年12月11日 (木)

ふたご座流星群

12月13日が極大です。 3大流星群の1つですが、今年は満月が近いので、明るい流星しか見えないと思います。 それでも、普段よりも流れ星を見るチャンスには違いありません。 防寒をして、じっくりと流れ星を待ち、あの流れ星を見たときの感動は、長年星を見ていても嬉しいものです。

 KSSでは、三木ホースランドへ星空宅配便として行きます。 今のところ60人を越える参加者があるようです。 追加が可能かどうかはわかりませんが、三木ホースランドへ相談してみて下さい。

2008年12月 7日 (日)

星空宅配便いn奈良

今日は奈良県の子供会へ,星空宅配便を行いました。遠方になると、やはり渋滞や道に迷うなどのトラブルはつきものです。 何とか金星や木星の沈むまでに現地に着き、観望はできました。しかし、今日の寒さは厳しく、快晴であっても、じっと星を見るガマンは我々も辛いぐらいでした。それでも、何とか最後まで星を追うことができました。

2008年12月 4日 (木)

天文同好会サミット参加残念

12月6日に三鷹で開催される天文同好会サミットは、土日であり、参加可能と思っていましたが、残念ながら6日に学校行事が入り、参加不可能となりました。 参加して恥をかくかもしれませんが、30年以上の継続と星空宅配便600回以上の実績は評価に値すると思っていました。 ここでの報告内容に期待したいものです。 それでも、奈良県まで星空宅配便で行く予定です。

2008年12月 2日 (火)

三日月、金星、木星の集結

今日は職場の理科の先生の希望で、職場で天体望遠鏡を組みました。 明るい天体3つが集結すると、中学生も気になっていたようで、何人かの生徒も見て喜んでいました。マスコミでももっと注目されると思いましたが、夜のニュースでは12月のイルミネーションを扱っており、寂しい思いをしました。

2008年12月 1日 (月)

12月1日 3大天体が集結

明るい天体と言えば、月、金星、木星となります。(もちろん太陽は別です) この3天体が12月1日に接近します。 夕方の西空なので、デジカメの夜景モードぐらいでも写るかもしれてません。 天体望遠鏡だと、それぞれの天体の持ち味を味わえるでしょう。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »