フォト

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 天体観測
  • 天文同好会
  • 学問・資格
  • 学習塾
  • 文化・芸術
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 星空・宇宙
  • 星空宅配便
  • 映画・テレビ
  • 趣味
無料ブログはココログ

« 星空宅配便(12/13)の報告 | トップページ | 星空宅配便 12/20 の報告 »

2008年12月15日 (月)

天体望遠鏡の実技試験について

「はりま宇宙講座」でjは、赤道儀に重点をおいています。

 ○望遠鏡の設置(極軸を北にあわす、水平、周りの安全など)

 ○望遠鏡の調製(ファインダー、バランスなど)

 ○粗動と微動(クランプ、微動装置)

 ○対象天体と倍率

これらは、「星空案内人になろう」の本がテキストとなっています。 自動導入が増えていますが、赤道儀を使いこなす上で、星の動きなどの講座内容が生かされると思っています。「はりま宇宙講座」は、西はりま天文台の研究員が事務局となり活動しています。国内最大の望遠鏡「なゆた」の操作に慣れている方々ですが、やはり、赤道儀のしくみが必用だと力説しています。

« 星空宅配便(12/13)の報告 | トップページ | 星空宅配便 12/20 の報告 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天体望遠鏡の実技試験について:

« 星空宅配便(12/13)の報告 | トップページ | 星空宅配便 12/20 の報告 »