フォト

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 天体観測
  • 天文同好会
  • 学問・資格
  • 学習塾
  • 文化・芸術
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 星空・宇宙
  • 星空宅配便
  • 映画・テレビ
  • 趣味
無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月29日 (日)

星空宅配便11/28

星空宅配便11/28星空宅配便11/28

宝塚、すみれが丘北公園まで、星空宅配便として行きました。

毎年、依頼が続いていますが、毎回200人規模です。

星空宅配便の参加人数としてはMAXです。

しかし、本部会員が少ない上に、都合がつくメンバーが少なかったので、

この書き込みの前にあるように、助っ人メールをだしたところ、

5人の助っ人がつき、望遠鏡もそろいました。 

 室内の方は、KSS独自のプログラムなので、本部の会員が少ないと、

バタバタの状態でした。(星座ビンゴゲーム、プラネタリウム)

 その後の観望会は、大型の望遠鏡がそろっていたので、11月の夜空を

十分に楽しめたと思います。 月、木星、アルビレオ、二重星団、アンドロメダ銀河

など、約200人を対象に、多くの天体を楽しめたのも、助っ人として応援に来て下

さった方々のおかげです。 KSSの『星空企画』、はりま宇宙講座『星空案内人資格

制度』(R)などの、今までの試みが実を結んできたようなきがします。

P1000697

2009年11月28日 (土)

KSSの年内予定

もうすぐ師走、私の仕事は、時の示すとおり忙しくなります。

今年は、『世界天文年』ともあり、今年の12月はKSSもハードです。

11月28日(土) 星空宅配便  宝塚 コミュニティーすみれ

12月 5日、6日 世界天文年クロージング 神戸

12月12日(土) 星空宅配便  三木ホースランドパーク

12月19日(土) 星空宅配便 枚方

12月26日(土) KSS館大掃除

12月27日(日) KSS忘年会

2009年11月22日 (日)

星空企画は何とか終了

星空企画は何とか終了星空企画は何とか終了


今年は少ないスタッフで、至らないところもあったと思いますが、

天気に振り回される中、何とかきりもりできました。

正直なところ、雨プロの展開を覚悟しましたが、

晴天になり、満天の星の魅力に、参加者もスタッフも喜びに満ちました。

2009年11月17日 (火)

しし座流星群

 2001年に大出現した『しし座流星群』は見応えありました。

あの感動の連続は一生忘れないでしょう。

今年は、あそこまではいきませんが、多く出現する可能性があると

言われています。 18日の早朝がMAXのようです。

天気も心配ですが、早起きが得意な人は星空を見てみてはどうでしょうか?

多くの流れ星を見ると、うれしい気分にしたりますよ。

2009年11月15日 (日)

星空企画の応募締め切り

 11月21日~22日に開催する『星空企画』の応募を締め切りました。

最終受付数は48人です。 例年並みの規模になることを喜んでいます。

ただ、KSS本部会員数が減っているので、フル稼働で対応する覚悟です。

これまでの準備も、例会時間を早めたり,延長し、何とか軌道ラインまで

こぎ着けました。 

 年1回の1泊の企画です。 様々な講座準備を通じて、当同好会のバー

ジョンアップしているつもりです。 我々もなかなかじっくりと星を見る時間を

もてていないので、参加者と一緒に、星空を一緒に楽しむことができます。

2009年11月10日 (火)

星空企画 今週で締め切り

 満天の星空を我々と一緒に楽しみませんか!

KSSの年間最大の活動は『星空企画』です。 

11月21日(土)16児~22日(日)10児半  三連休中

西はりま天文台公園で1泊の観望会です。

今年のテーマ『星のまにまに』

天体観測、楽しい宇宙講座、ゲーム、親睦会など盛り沢山です。

参加費 大人5000円  中学生以下3500円 (宿泊費、食費込み)

 詳細ホームペ-ジ『星空宅配便』http://homepage3.nifty.com/kss-maturi/

2009年11月 8日 (日)

天文ガイド12月号に掲載

KSSの機関誌『ケンタウルス』は、『天文ガイド』(12月号)にも、ピックされていました!

新型インフルエンザに関する私の原稿が紹介されました。

2009年11月 5日 (木)

星ナビ12月号に掲載

 『星ナビ』12月号に、当同好会の機関紙『ケンタウルス』が掲載されました!

おそらく、探さないと気がつかないと思います。

日食観測フィーバーの報告のページに、表紙のみです、、、、。

2009年11月 3日 (火)

コスモスハウスKSS館

KSSも以前は、独自で天体観測会を実施していました。

今は、個人毎の観測はあっても、同好会としての観測会はできていません。

寂しい限りです。 この大きな原因は、本部の会員が少なくなったことです。

最近は、『はりま宇宙講座』を通じての観測会に参加すると、

KSSの活気があった頃を思い出します。

依頼に対応する『星空宅配便』は、KSSの中心活動ですが、

自分たちの星の味わいをもった上で、その魅力を伝える活動です。

自分たちの観測会を、、、。(今の大きな課題?) 

 それが、今募集中の『星空企画』が、唯一残っています。

星空を我々と一緒に楽しみましょうの精神は、30年たっても同じです。

先々日、『はりま宇宙講座』講座の準備をしているとき、

元会員の女性がKSS館の前を通っていたとき、私と顔を合わせ、

懐かしい話しで盛り上がりました。  1ヶ月前にも、別の元女性会員で同じようなことがありました。

長く続けているからこそ、いろんな思い入れも募っています。

KSSの活動拠点である『コスモスハウスKSS館』

私の意地で、この場を保っています。 ここに集まる顔ぶれは減りました。 

でも、今のメンバーと、今回のように、通りがけに声をかけてくれる声を支えに、

頑張るつもりです。 

このあたりは、今回の『ケンタウルス』の原稿にまとめています。

毎週土曜日の夜に活動しています。 初めての方でも結構です。

星を通じての交流の場、それが『コスモスハウスKSS館』です。

2009年11月 1日 (日)

はりま宇宙講座11/1

はりま宇宙講座11/1

今日は、西はりま天文台で『望遠鏡を使ってみよう』の講座担当です。
しかし、朝から雨、 最悪の天気 (@_@;)
雨プロで準備をして、天文台へ、やはり雨 (><)
受講の方は、少し減りましたが、18人の受講の方に                      KSSから3人 、天文台から3人、補助員3人と、態勢は十分でした。
雨プロで進行していたときに、星が o(^∇^o)
すると、月、木星と次々に出てきました。
天体望遠鏡の大移動で、急遽、本来の内容に切り替えました。
やはり、実際の星を天体望遠鏡で、導入してこそ、この講座の目的が果たせました。 さらに、『なゆた』の観望もできました。
無事に終了。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »