フォト

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 天体観測
  • 天文同好会
  • 学問・資格
  • 学習塾
  • 文化・芸術
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 星空・宇宙
  • 星空宅配便
  • 映画・テレビ
  • 趣味
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

KSSの2013年度の体制

3月30日の例会で、2013年度の本部会員の役割分担や活動テーマ

などを決めました。

☆役割分担(2013年度)

  ○リーダー(責任者、会の運営、KSS館管理など):細谷
  ○会計(会計事務とう、会費の管理、会費の徴収など):吉元
  ○通信(通信会員へ連絡、ケンタウルスの発送など):坂田
  ○編集(ケンタウルスの編集全般):河島
  ○KSS館管理(KSS館内の管理):細谷
  ○KSS情報:(メール、ブログ、ホームページ):細谷
  ○星空宅配便(受付、準備、計画など):細谷
  ○観測推進(天体観測の推進、宅配の資料など):伊藤、池田
  ○学芸(図書、天文情報、DVDなど):伊藤
  ○親睦(ドリンクの準備、親睦行事の幹事など):河島、坂田
    ○広報(ポスター、ビラなど):池田
  ○記録(デジカメ撮影、アルバム、新聞など):伊藤、吉元)
  
  □はりま宇宙講座実行委員:細谷、池田、(伊藤)

☆2013年度活動テーマ

 彗星・小惑星・ケンタウルス

2013年3月25日 (月)

KSSの4月の予定

3月後半には、パンスターズ彗星を見るために、

観測や観望会を行いました。 しかし、春の低空に

位置していたために、かなり淡く、見つけるのも困難な

状況でした。

KSSの4月の予定をお知らせします。

4月 6日(土) 例会休み  有志ドリンク会?

4月13日(土) 例会  『ケンタウルス』原稿締め切り

4月20日(土) 例会  『ケンタウルス』発行

4月27日(土) 例会

5月 4日(土) ミニ観測

☆今年度の星空宅配便の受付中。

☆4月からKSSの仲間入りしませんか!

 本部会員、通信会員とも大歓迎

2013年3月24日 (日)

星空宅配便 3/23

今回の星空宅配便は、パンスターズ彗星企画として実施しました。

天気は晴天でしたが、春特有の霞の影響がありました。

パンスターズ彗星は,日没後、低空なおため、観望時間を2回

とりました。

最初の観望は、パンスターズ彗星と月、木星を天体望遠鏡で

見るようにしました。 しかし、彗星が淡く、確認できた人も

少なかったようです。

観望時間を2回で、できるだけ時間を確保するために、

室内プログラムは、早い展開で行いました。

星座びんご、プラネタリウム、星のクイズを行いました。

2回目の観望では、レーダーを使っての星空案内、

天体望遠鏡で、オリオン座の大星雲、すばる、ミザール、

プレセペ、M35,M3など、多くの天体を見ました。

また、双眼鏡や星座早見盤の貸し出しも行いました。

これは、KSS本部会員フル参加、通信会員、星のソムリエ

の方の応援もあり、盛りだくさんのことができました。

Cimg0519 Cimg0521 Cimg0526 Cimg0539 Cimg0527

2013年3月21日 (木)

観望会 3/20

春分の日、パンスターズ彗星の観望会が、加古川総合文化センターで

行われました。 しかし、午後からは雨模様で、今日の観望会は雨プロ

と思いました。 

プラネタリウムで始まりました。 その中、月が雲間から見えることで、

急遽、天体望遠鏡の準備に入りました。 

参加者は約30人でした。 そこに、星のソムリエやKSSのメンバーが

10人以上でした。 今日の主役のパンスターズ彗星は、全くダメでしたが、

月と木星は天体望遠鏡で見ることができました。

Cimg0506 Cimg0509 Cimg0511 Cimg0512

2013年3月17日 (日)

パンスターズ彗星観望会

今年、最初の星空宅配便は、大中遺跡公園で、

『パンスターズ彗星観望会』として、実施しました。

この日は、播磨町整50周年記念行事の一環で、

小惑星『HICO』の命名式、関勉氏の講演会が行われ

ました。 播磨町の出身のジョウセフ・ヒコ氏は、『新聞の父』

とも言われる方です。 それにちなんで、小惑星に『ヒコ』という

命名がきまりました。 平成の彦星ですjね。 発見者は、

コメットハンターとして有名な関勉さんです。 高知から

来ていただき、講演会で、彗星や小惑星の発見の話しを

聞かせていただきました。 

そして、その後、パンスターズ彗星の観望会をKSSが担当

しました。 本部会員6人と星空案内人(R)の資格取得者、

県内の天文愛好家など20人近いスタッフの大観望会と

なりました。 天体望遠鏡・大型双眼鏡10台以上、

小型双眼鏡10台以上と、装備は十分すぎるぐらいでした。

天気は晴れていましたが、春霞がかかっているような空でした。

一般の参加者は100人以上いたと思います。

パンスターズ彗星探しは悪戦苦闘しましたが、何とか数台の

天体望遠鏡や大型双眼鏡でとらえ、参加者も見ることができ

ました。 他に、月、木星、M42,すばるなども見ていただき

ました。 

Cimg0493 Cimg0496 Cimg0498 Cimg0501

2013年3月15日 (金)

パンスターズ彗星の観測報告

今週は、日没後をねらって、パンスターズ彗星の観測を行いました。

観測地は、高砂の向島公園です。 港の端なので、西空は水平線

近くまで見えるので、近場ではよう場所ではないでしょうか。

月、火、木、金の4日間で、今日が一番よい条件でした。

KSSのメンバー4人そろい、そのうち2人が双眼鏡でとらえました。

私は、片目を網膜剥離で手術をしているので、どうも双眼鏡が苦手です。

肉眼ではみえないほど淡し彗星です。 宵の明るさと春かすみの影響も

大きいと思います。 カメラでは、彗星の尾も写っています。

私のカメラでも何とか彗星らしきものが写っていました。

明日は、播磨町の県立考古館で、コメットハンター関勉氏の講演会、

大中遺跡公園でパンスターズ彗星の観望会があります。

KSSは、この観望会を担当しますが、この彗星、手強いようです。

彗星がダメでも、月、木星、オリオン座の大星雲などは、大丈夫

でしょう。

Dsc00028 Panstar

2枚目の写真は、伊藤氏が撮影、補正処理

2013年3月13日 (水)

パンスターズ彗星の未確認

月、火の2日間は、天気がよかったので、高砂の海岸で

パンスターズ彗星を探しましたが、見えませんでした。

18:30には、木星、オリオン座など見えていましたが、

西空の低空は、なんとなくボンヤリしていました。

今日は、月とパンスターズ彗星が接近することで、

チャンスと思っていたのですが、全くの雨、、、、。

神戸青少年科学館の観望会では、月、火と確認できたようです。

明日は、天気が回復するので、またねらいたい。

目安は,三日月の下側です。

観望会について、お知らせします。

☆16日(土) 18:00~19:15 播磨町の大中遺跡公園

   当日の受付も可能、雨天中止

☆20日(春分の日) 18:30~20:00 加古川総合文化センター

   当日参加可能、雨天はプラネタリウム

☆23日(土) 19:00~21:00 三木ホースランドパーク

   定員に達し、受付終了  雨天は室内プログラム 

2013年3月 8日 (金)

パンスターズ彗星の観測法

いよいよパンスターズ彗星の観望のチャンスが迫ってきました。

来週の晴れた宵の西空に注目しましょう。

13日には、月と彗星が接近しているので、月を目安に見つける

ことができます。 それ以後は、星図が頼りですが、宵の時間には

星が見えません。 そこで、威力を出すのは、スマートフォンです。

星図のアプリを利用すると、彗星の位置がわかります。

国立天文台のサイトに詳しい星図があり、キャンペーンもやっています。

このブログでも、随時、観測結果を報告します。

2013年3月 3日 (日)

パンスターズ彗星のキャンペーン

先週の例会で、パンスターズ彗星の位置の情報を配りながら、

「まるで、天文同好会のようでしょう」という名言を残しました。

3月の企画で、パンスターズ彗星の情報をパネルにするにあたり、

ネットをみたところ、国立天文台がキャンペーンを行っていました。

http://pan.astro-campaign.jp/quiz.html

このキャンペーンの参加も目標におき、頑張りたい!

さて、チリのアルマ望遠鏡で撮影したパンスターズ彗星の写真を見ると、

尾が鮮明に見えていました。 国立天文台のサイトで見ることができます。

KSSでは、次の観測や観望会を予定しています。

 3/13(水) 観測  高砂市向島  月と接近!

 3/16(日) 観望会 播磨町大中遺跡公園  関勉さんの講演会の後です

 3/20(水) 観望会 加古川総合文化センター 

 3/23(水) 星空宅配便 三木ホースランドパーク

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »